セントリコン・ステーションを設置
独自のツールを家の周辺にセット。
専門の施工技術者が、床下や屋根裏、庭木など、シロアリによる食害状況や活動範囲をあらかじめ調査し、その上でセントリコン・ステーションを設置します。
モニタリング
シロアリの活動状況を調べます。
セントリコン・ステーションに納めたモニタリング・デバイス(餌木)を定期的に点検して、シロアリの存在や食害の有無などを確認します。
ペインティング
シロアリを確実に根絶します。
シロアリの存在を確認したら、餌のように調製した薬剤が入ったベイトカップを設置。シロアリのほとんどが薬剤を摂取して、数カ月でコロニー全体が死滅します。
再モニタリング
新たな被害を未然に防ぎます。
シロアリの死滅後も、再モニタリングを行い、新たな侵入がないかを引き続き監視。
侵入があるとすぐにベイト剤を投与し、駆除します。

独自のツール

①セントリコン・ステーション
 地面に埋め込み、モニタリング・デバイスやベイトカップ*を収納。
②モニタリング・デバイス
 シロアリの活動状況を調べる餌木。
③ベイトカップ*
 シロアリを駆除する薬剤入りの容器。
 *シロアリを駆除する薬剤入りの容器
(有効成分:0.2g 通常薬剤散布の1000分の1)
④リクルート*AG
 地上に設置するシロアリ駆除用の器材です。
 *ダウ・アグロサイエンス商標